個別指導の強み弱みをしっかり理解しておこう!

ロゴ

個別指導のメリット・デメリット

勉強する人

受験に強い個別指導方式

特に教育に力を入れている大阪では中学~高校と進学するにつれて、学習方法に求められる効率性は上がっていきます。より生徒が自分で足りない部分を見つけて、克服していくよう努めていくことが重要になります。そこで自主的に教科ごとの勉強ができて、融通の利く個別指導は効果的なのです。

受験の演習になる集団指導方式

受験会場は一人ではなく、普段一人きりで静かな場所のみで勉強していると会場の雰囲気にのまれる、ということも珍しくありません。そこで集団指導という学習現場は間接的に大人数がいる場所で勉強を行う、という訓練にもなります。

個人と集団、どちらが適しているのか

子どもによって適した学習スタイルは異なるものです。

学習塾ならではの悩み

個別指導あるある

自分のお子さんの学力によって、授業内容を調整してもらえるのが、個別指導方式の学習塾の魅力です。しかし、個別指導を行ってくれる学習塾は意外に少なく、十分に学習環境が整っていないことが多いです。

個別指導の魅力

個別指導では子どもの学習進度によって適した授業内容が提供できることが最大の魅力です。さらに集団指導と違い、生徒の学習進度によって教科ごとのレベル設定ができるので子どもにフィットした授業を提供できるのも嬉しいです。

個別指導の落とし穴

「個別に指導できる」というのは、裏を返せば生徒の進度によって学力に偏りがでてしまうということです。結果的に苦手が克服しづらく、学校の勉強に要求されるレベルの学力にしづらい場合があります。苦手教科ほど受講回数を増やすなどで教科ごとのバランスをとるようにしましょう。

集団指導の魅力

一般的に学習塾で多く実践されているのが集団指導です。この一番の特徴は学校の授業風景に類似していることです。集団で学習することで学習意欲を高めたり、授業内容の話題などで生徒間での交流を持つことができるのもプラスになります。

集団指導の落とし穴

比べる対象がいる、ということで他人と比較に劣等感を感じる生徒もいます。また、生徒間の学力の差により授業についていけない生徒が出ることも問題視されています。集団指導は行いやすい反面、これらのカバーがしづらいのが欠点です。

理想的な学習環境

子どもの学習意欲を高める、学習環境を整える、というのは大切なことです。しかし、子どもによってベストな学習環境は違うものです。周りの人間がそれらをどのように提供できるのかが重要です。

広告募集中